徳川家康

by WIKI

 

服部半蔵

by WIKI

 

   イジメのルーツ 1    家康爺いの年表や生い立ちについてです

 

けっこうな量になると思われるので、少しずつアップします、

目標は「ファミリー・ハラスメント」の深層心理の解明です、

例のように、コンマ文体(機械翻訳の生成効率のため)で押します、よろしくお願いします、

やはり、シリーズにしないと間に合わないようです、ルーツ1から始めます、

 

○ 徳川家康(1542年 - 1616年)から始めます、バテレンに対峙するための論理が、例の諸法度であり、士農工商の身分制度、鎖国、面白い対比ができそうです、

 

○ 「いじめ」は非言語活動による、ボディランゲージです、すなわち、生命が活きるために外界との接触を必要とし、その場所、命の営みの最も近くに位置するエリア、神聖なマザランチャイルドの間にも存在しています、扱いを間違うと危険極まりないのは、このためです、話を家康爺いに戻します、伊達政宗(1567年 - 1636年)との確執に触れた番組もあったようですが、天正遣欧使節団(1582年)でしたっけ、支倉常長(1571年 - 1622年)の慶長遣欧使節でした、つまり、時代の傑物、家康爺いの凄まじさ、イメージを広げてお付き合いください、服部半蔵正成(2代目:1542年 - 1596年)なども登場するでしょう、ちなみに、天正の使節団とは聚楽第で見聞しているそうですね、私が一番気にしているのは、ルネサンス(14世紀 - 16世紀)と家康爺いの関係に興味があります、

 

○ ユーフラシア大陸の両端で、関が原(1600年)の時代に両文明がコンタクトし、その後の300年間、慶長(1596年から1615年)から慶応(1865年から1868年)に再び接触するまで、一方ではジャン・アンリ・デュナン(182858日 - 19101030日)を生み、もう片方では、大石内蔵助をはじめとする四十七士(1703130日)たちの、人権を忠誠心に埋没させた文化の絶頂期を迎えます、私はどうしても、間接的にでも自殺を強要することは「いじめ」の究極の姿に見えてなりません、たとえ偶発的な部分があったとしても、人生の暗部を代表するメンタリティーなんだろうと、これらの感覚や印象を深めてゆこうと思います、

 

○ これから家康爺いの足跡や人格の深層に分け入る予定ですが、私のスタンスは、三河の大権現として最も敬愛する人物であることをベースにします、詳細な時代描写の折、過酷な表現も飛び出すかもしれませんが、明治以降の西欧文明との再接触の時の、天才的な文明吸収力の種を探したいだけなのです、とくに、家康爺いは当時ルネサンスにより生まれた文物(絵画など)に触れていたはず(はづ)です、その後の先見的な国内統治の中に、先ほどの種がどのように埋め込まれていたのかを解きほぐし、人権の観点からはマイナスに振れた江戸時代をマクロとミクロに重ね合わせて描こうと考えています、

 

○ 突然、ニュースが飛び込んできましたね、

ソウル南大門が全焼、崩壊―韓国

http://www.jiji.com/jc/p?id=20080211092525-5927926

 

韓国のソウル中心部にある名所・南大門(崇礼門)で火災。木造の楼閣部分が全焼し、石の土台部分を残してほぼ崩壊。目撃者の証言から放火の可能性が高い。写真は燃え盛る南大門の消火作業を行う消防隊員(11日) 【AFP=時事】

 

○ ほかの記事では「朝鮮王朝時代の1398年に完成し、ソウルに現存する最古の木造建造物として国宝第1号に指定されていた南大門の焼失に、国民は強い衝撃を受けている。」、とありました、

韓国国民の皆さんへは、一日も速く元気を取り戻し、素早い復元を希望します、

文禄・慶長の役

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%87%E7%A6%84%E3%83%BB%E6%85%B6%E9%95%B7%E3%81%AE%E5%BD%B9

文禄・慶長の役(ぶんろく・けいちょうのえき)は1592年(日本文禄元年、明および朝鮮万暦20年)から1598年(日本慶長3年、明および朝鮮万暦26年)にかけて行われた日本の豊臣秀吉が主導する遠征軍と李氏朝鮮および明の軍との間で朝鮮半島を戦場にして戦われた戦闘の総称である。

・・・

あまりに容易に李氏朝鮮の王都である漢城が陥落したため、日本の諸将は5月に漢城にて軍議を行い、各方面軍による八道国割と呼ばれる制圧目標を決めた(平安道 第1軍小西行長他、 咸鏡道 第2軍加藤清正他、 黄海道 第3軍黒田長政他、 江原道 第4軍毛利吉成他、 忠清道 第5軍福島正則他、 全羅道 第6軍小早川隆景他、 慶尚道 第7軍毛利輝元他、 京畿道 第8軍宇喜多秀家他)。日本軍は北西部の平安道と全羅道を除く朝鮮全土を制圧し、加藤清正の一隊は威力偵察のため国境を越えて明領オランカイへ攻め入った。

 

○ この時、小西行長、加藤清正、黒田長政、毛利吉成、福島正則、小早川隆景、毛利輝元、宇喜多秀家らのそうそうたる、関が原西軍のメンバーたちが見た南大門が全焼となったのでついつい、500年を遡(さかのぼ)ってしまいました、ちなみに、加藤清正、黒田長政、福島正則は東軍に参加したようですね、

 

○ 実は、1400年近辺から話の糸口を見つけようと思っていたものですから、

「初代 服部半蔵(半三)保長

生没年不詳 伊賀出身の忍者。伊賀を出て室町幕府12代将軍足利義晴(1511年 - 1550年:北面の武士就任の説もある)に、続いて三河にて松平清康(1511年 - 1535年) に仕える」、

2代目 服部半蔵正成(1542年 - 1596年)

徳川家康に仕えた、伊賀同心の支配役。いわゆる「服部半蔵」として世間でよく知られるのは彼の事である。だがあくまで伊賀同心は配下の一部門であり、自身は甲冑を着て足軽を率いた武士である。槍の名手として知られた。」

 

○ 滝口武者(たきぐちのむしゃ)は9世紀、内裏の警護にあたっていたのは近衛府だった、

次に、北面武士(ほくめんのぶし)とは、上皇に仕え、11世紀末白河上皇が院政を開始してほどなく創設された、

 

○ 鎌倉、室町、戦国、江戸へと武(もののふ)士のいわれを追いました、本編は歴史書を目指してはいないので、これくらいで年表は収めておきます、さて、このように歴史をひもどいたのは、ひとえに、江戸時代の「切り捨て御免」にスポットを当てたかったからです、

 

○ 風呂敷を広げすぎると納(おさ)まりがつかなくなる恐れがあるので、プロローグとして、あと一件取り上げます、

長禄・寛正の飢饉(ちょうろく・かんせいのききん)は、長禄3年(1459年)から寛正2年(1461年)にかけて日本全国を襲った飢饉のこと。

応仁の乱(おうにんのらん、1467年(応仁元年) - 1477年(文明9年))は、室町時代の8代将軍足利義政(1436年 - 1490年)のときに起こった内乱。室町幕府管領の細川勝元と、山名持豊(出家して山名宗全)らの有力守護大名が争い、九州など一部の地方を除く全国に拡大、影響し、戦国時代に突入するきっかけとなった。応仁・文明の乱(おうにん・ぶんめいのらん)とも呼ばれる。

 

○ 初代 服部半蔵(半三)保長 生没年不詳、推測になりますが、彼は幼少の頃、応仁の乱を体験していたのではないだろうか、つまり、1470年頃の生まれで、没年1530年と見立てると、家康爺いへは、2代目、服部半蔵正成(1542年 - 1596年)を通して、世相が伝聞されていた、この辺りに家康爺いの非凡さが垣間見えるように思えます、初代にはもう少し長生きしていただいたとして、家康爺い(1542年 - 1616年)と2代目服部半蔵正成(1542年 - 1596年)が生まれた、1542年に永眠された、あるいは、幼児教育を授けたかもしれませんね、

 

○ いよいよ人権の観点から、これらの時代を振り返ってみます、この後、下克上、種子島(鉄砲伝来:1543年)、信長(1534年 - 1582年)、秀吉(1537年 - 1598年)、家康爺い(1542年 - 1616年)、と繋がるのですが、私が一番気にしているのは、人を道具として育てる、完全に物、あるいは物質と看做す状況を取り上げたいのです、ご存知のように、

フランス革命(1789714日 - 1794727日)

1789714日のバスティーユ襲撃を契機としてフランス全土に騒乱が発生し、第三身分による国民議会(憲法制定国民議会)が発足、革命の進展とともに王政と封建制度は崩壊した。

フランス革命が掲げた自由・平等・同胞愛の近代市民主義の諸原理は、その後市民社会や民主主義の土台となった。

 

○ 21世紀の今日でも、企業忠誠心に名を借り、姿を変えた従業員の戦う武器化がありはしないか、また、教育現場ではこれら企業に部品を供給する補助機関に成り下がっていないか、この辺りのルーツの探索を続けてゆこうと考えています、

 

○ 「封建制度」、イコール「人権の全てを封じることを建国の原理とする制度」、それでは、この人権とは、何のことを指しているのでしょうか、最も効果的な「封じること」とは、居住地と職業選択の自由を封じることだと考えています、

 

○ 家康爺いは、応仁の乱から70年ほど続いた、土一揆、下克上の時代に生まれ、その生い立ちの苛烈さを振り返ってみます、

偉大な家康爺いの年表を見てください、

徳川家康

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E5%AE%B6%E5%BA%B7

年表

和暦 ユリウス暦・グレゴリオ暦 月日(宣明暦長暦) 内容

天文1115421226日 生誕

2歳の時 家康は幼くして母と生き別れになった)

6歳の時 竹千代は今川義元のもとへ人質として駿河国府中へ送られる途中立ち寄った田原城城主で義母の父・戸田康光の裏切りにより、尾張・織田信秀の元へ送られる。尾張では2年を過ごし信長とはここで知り合った

15歳の時 駿府の義元の下で元服し)

16歳の時  永禄元年(1558年)には織田方に寝返った寺部城主鈴木日向守を松平重吉らとともに攻め、初陣) 

永禄31560519日 桶狭間の戦い  

永禄51562115清洲城を訪問。織田信長と同盟結ぶ。

永禄9 15661229日  従五位下三河守  

永禄11 1568111日  左京大夫  

元亀元 1570628姉川の戦い

元亀2 157115日  従五位上  

111日 侍従。  

元亀3 15721222三方ヶ原の戦い

天正2 157415日  正五位下  

天正315755月 長篠の戦い  

天正5 15771210日  従四位下    

1229日 右近衛権少将  

天正8 158015日  従四位上  

天正10158262本能寺の変 

天正11 1583105日  正四位下    

107日 左近衛権中将  

天正12 1584227日  従三位参議  

34小牧・長久手の戦い

天正14 1586104日  権中納言  

1027日 大坂城で、豊臣秀吉に臣従  

115日 正三位。  

天正15 158788日  従二位権大納言  

1228日 左近衛大将・左馬寮御監両官職兼任  

慶長元 159658日  正二位内大臣  

慶長51600915関ヶ原の戦い 

慶長7 160216日  従一位  

慶長8 1603212日  右大臣。征夷大将軍宣下・源氏長者宣下。  

1016日 右大臣辞任   

慶長10 1605416日 征夷大将軍辞職・源氏長者は留任  

慶長19161411月~12月  大坂冬の陣 

元和元 16155月  大坂夏の陣 

77武家諸法度制定

717日 禁中並公家諸法度制定   

元和2 1616317日  太政大臣     

417日 薨去  

 贈正一位。

 

○ 信長との最初の出会い、信長16歳、家康8歳、

20歳の時信長と清洲同盟を結ぶ、

28歳の時の姉川の戦い、この時、信長36歳、秀吉33歳、3人が力を合わせて勝利した、

30歳の時、武田信玄にこっぴどくやられる三方ヶ原の戦い、

40歳の時の本能寺の変、

58歳の時の関が原の戦い、

72歳の時の大坂冬の陣、

74歳で薨去。

 

○ ここで、もう一人の重要人物に登場願います、

真田信繁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E7%94%B0%E4%BF%A1%E7%B9%81

武田晴信の家臣であった真田幸隆の孫。大坂の役で活躍。特に大坂夏の陣では、寡兵を持って徳川本陣まで攻め込み、徳川家康を後一歩のところまで追いつめたとされる。江戸期以降、講談や小説などで真田十勇士を従えて大敵徳川に挑む天才軍師真田 幸村(さなだ ゆきむら)として取り上げられ、広く一般に知られることになった。

生誕 永禄10年(1567年):家康25

一説に永禄13年(1570年)とも

死没 慶長2057日(161563日)家康の薨去の1年前

 

○ 家康爺いの人生の前半は同級生の「2代目 服部半蔵正成(1542年 - 1596年)」がいて、後半は天才軍師真田 幸村との暗闘があったのではと考えています、以後は半蔵、幸村と呼びます、さて、幸村も一族が信長、秀吉に仕え、家康爺いとは長い間近くに居たようです、

 

○ このように話を半蔵、幸村と忍者系に導こうとするのには訳があります、この時代、各大名のCIAとして忍者部隊は合戦の影の部分を受持つ主要な能力であり、家康爺い自身も、その思考方法は忍者そのものではなかったのではないか、と考えています、

 

○ 章ごとの分量をこの程度にしたいと思います、次の章では忍者の生活描写に時間を割こうかと考えてます。

 

イジメのルーツ 1

人権とローカリズム(地域主義)の環境上の衝突

イジメのルーツ 1

ティトム球理論2 応用編 フォーチュンテラー fatacy us-2 sony-xperia-z1-ip5 宇宙の全て ijimenospiral ティトム球理論 降着円盤 銀河のジェット Titom hyuga apple-5s-5c-ip5 人権とローカリズム(地域主義)の環境上の衝突
阪急阪神グループのパワハラ裁判のブログ 男と女とクラインの壷 阪急阪神ビルマネジメント 人事の公平 極端な格差会社 阪急阪神グループのパワハラ裁判 超対称性ティトム理論 Super Titom Theory swallow-singing gear-note3-samsung-ip5