オデッセイ 1    科学的ではないのでしょう

 

科学は、「なぜ?」には答えない、どのように仕組まれているのかを議論する開かれた、仕組みです、

 

ですから、「なぜ?」を重要視する私は、科学的ではないのでしょう、

 

今の私の意識が形成されるまでの道のりを、辿ってみます、

 

私の、あるいはあなたの大脳を産むには、その材料が必要だと思います、

 

タンパク質を構成する、原子、そして、幾世代をとおして紡がれた、DNA、

 

体の中の鉄や、マグネシウム、カルシウム、など

 

全ての物質(原子)は非放射性でないと、いけないと思います、

 

放射性が強いと、DNAの鎖を切ってしまうからでしょうね、

 

銀河にある物質は、放射性を持っているとして、この地球の物質だけが(一般に惑星物質は非放射性のようです)、半減期を過ぎている、

 

地球の中心部の鉄でできたコアが、このガイアと呼ばれる、地球環境を生み出す、基だったのでしょう、

 

思えば、太陽系の生成時には、太陽の周りにあらゆる方向に回転する惑星が、わんさかあったと思います、

 

その中から、コアが鉄でできていて、今の惑星回転軌道の面に収束してきた、歴史、選択が行われみたいです、

 

すごく不思議に思ってる、地球軌道の定常性は、このような選択が行われた結果、太陽のスポンジのような磁力の空間が地球のそばにできていて、地球が太陽に近づくことがない(近づけない)構造になっていると、思います、

 

この磁力のスポンジは、太陽の発する、生命にとっては刺激の強い宇宙線とかを、オーロラや、オゾン層などで弱めてくれました、何億年もです、ほとんどの物質の半減期を越えることができたのでしょう、

 

地球の原子が非放射性になる過程で、ほぼ同時に原始生命が活動を開始しました、

 

約45億年のあいだには、惑星の兄弟たちが、地球に衝突する放射性のある物質を大幅に減らしてくれました、月もです、

 

そうこうしながら、地中や、海中に、菌類や、プランクトンで満たされた環境ができ上がってきました、

 

地球の酸素は、生命が、自分に心地よい濃度に仕上げた、生命活動の総合計なのでしょう、

 

あなたの大脳が、宇宙空間で生成されるには、約10億年は必要だったと思います、

 

オデッセイは、まだ続きます、今日はこのへんで、失礼します、

 

 

編集後記:

オデッセイは25に至るまで、銀河に枠がかかるまで、けっこう苦しみぬいた思考実験でした、日本語表記に乱れがあったり、堂々巡りにじれったくなるかもしれませんが、原子核、惑星、銀河、時間等それなりの解決を探して悪戦苦闘の記録です、おかしい、へんだ、いろいろ感じながら読み進んでいただくと、なんとなく、そうかなぁ、こんな感じで137億年分のさらに365分の一日を感じていただければ、

オデッセイ 1

         ティトム球理論

宇宙の全てティトム球理論 降着円盤 銀河のジェット Titomイメージ

オデッセイ 1

ティトム球理論 降着円盤 銀河のジェット Titom人権とローカリズムの環境上の衝突 家康爺 の人生を通して阪急阪神グループのパワハラ裁判のブログ 原子力潜水艦 SSBN-729H2A ロケット掘削船 ちきゅう男と女とクラインの壷ティトム球理論2 応用編 フォーチュンテラー fatacymomloveu.com サイトマップ Site-map超対称性ティトム理論 Super Titom Theory